カテゴリー「Windows Vista」の6件の記事

2008年8月11日 (月)

Gavotte Ramdiskを使ってみた

Amazonも進展がないので普通のPCネタです。

先日メモリを4GBにしましたが、実際に使えるメモリは3GB強しかありません。

今回は、その使うことのできないメモリを使え方法を紹介します。

具体的にどのようなことをするかというと、RAMDISKと呼ばれるものを作ります。

RAMDISKは、メモリをHDDのように認識させ、Windowsから読み書きできるようにすることです。

まずは、ドライバーをダウンロードします。

http://www.chweng.idv.tw/swintro/ramdisk.php

次に、ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。

解凍が終わったら、ram4g.regをダブルクリックします。

すると、レジストリが書き換えられます。(できれば、レジストリのバックアップを取っておくとよいかもしれません。)

次に、ramdisk.exeを実行します。

すると、ウインドウが表示されるので、Install Ramdiskをクリックします。

インストールが終わると、設定画面が表示されます。

僕は、こんな感じに設定しました。

設定が終わったら、OKをクリックします。

すると、マイコンピューターから、RAMDISKというドライブが見えると思います、これで完了です。

せっかくなので、ベンチマークしてみました。

HDDとは比べ物にならないような速度が出ました。

これがRAMDISKの実力です。

ただし、RAMDISKには一つ弱点があります。

それは、メモリと同様に電源が切れるとデータが消えることです。

そのため、使用方法が限られてきます。

有効的な使い方としては、ブラウザのキャッシュなどがあります。

また、僕の場合はエラーが出てしまいました。

このエラーにとってスリープができませんorz

色々と試してみましたが、直ることはありませんでした。

そのため、削除しました。

すると、有料ソフトを使うしかないかもしれません。

今のところの最有力候補が、IO DATAのRamPhantom2です。

値段は約2000円…

これを買ったらそろそろ自己破産しそうです…

でも欲しい…

2008年5月 9日 (金)

Windowsの英語版をつかってみた

Windowsの英語版をつかってみたと書きましたが、若干嘘です。

正確に言うと、VistaのUltimateユーザーは好きな言語を追加できるというものです。

追加できる言語は韓国語,ロシア語,アラビア語などいらない言語(30個以上)ばかりです。

しかし、英語版もあるのでせっかくUltimate買ったんだから(Ultimate買った理由はシャドウコピーが入ってるからだったのですが…)と思い入れてみました。

英語版のコントロールパネルです。

ただ、他の言語を入れる際に注意してほしいことはなぜかハードディスクを10GB以上消費することです。(全部入れたらハードディスクがwwwww)

興味のある人がいたらやってみてください。(コントロールパネルの更新プログラムの確認から追加することができます。)

2008年4月16日 (水)

スクリーンセーバー

スクリーンセーバーにも色々な種類がありますが、僕が気に入っているのはバブルというやつです。

あれは、一応画面焼けを防げ、デスクトップも見れるので便利です。

 

この動画の高画質版です。

2008年4月11日 (金)

Windowsクラシック表示

WindowsVistaには、Windows2000に似たウインドウの表示をできる機能があります。
(コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→テーマの変更からできます。)
今回は、その機能を実際に使ってみました


デスクトップです


FireFoxです


ワードの場合、ウインドウは、独自の形で表示されます

何で、XPみたいな表示ができないんだろう…

おまけ

ここで使ったWordのファイルを公開します(ほしい人いないと思いますが…)

DOC形式 DOCX形式

2008年4月10日 (木)

DreamScene

今日はDreamSceneをやってみました。
ちなみにDreamSceneとは、壁紙を動画にすることができます。
Ultimate限定です。

 

この動画のWMV版

 

この動画のWMV版

補足

DreamSceneは、処理をグラフィックカードがやっているので軽いと言われています。
しかし、実際グラフィックカードはWindows Aeroの処理で精いっぱいなので、処理は重くなります(性能の良いグラフィックカードを使っていれば別ですが…)。
実際、普通はウインドウで隠されてしまうので、あまり実用的とは言えません。

2008年4月 4日 (金)

Vistaの立体的な機能

ずっと前のWindows Vistaの宣伝でやっていたことを真似してみました。


画質が逝ってるので静止画バージョン高画質動画バージョンも用意したので見てください。

余談
動画の加工にWindowsムービーメーカーを使ったのですが、途中で応答しなくなり、強制終了した後画面に変な表示が残ってしまいました。
その時の写真
とりあえず再起動したら直りました。
あと、Windows Mediaエンコーダーも使ったのですが。それでAVI→WMVに変換したときCPU使用率がずっと100%でした(XPでは当たり前だったけどVistaでは初めてでした)。
その時の画像(CPU使用率は右側に書いてあります。)

サイト内検索

kotaの製作サイト

相互リンク

  • The Royal Netcafe

    trial and error

カウンター

無料ブログはココログ