カテゴリー「Linux」の3件の記事

2008年8月16日 (土)

LinuxでGoogleEarth

GoogleEarthをLinuxに入れてみました。

今回はDebianを使ってみました。

まずはダウンロードをします
http://earth.google.co.jp/

次にコマンドでインストーラーを起動させます。

sudo sh ファイル名

これでインストーラーが起動します

ここはそのままの設定でインストール開始

インストールが終わったらStartで起動

こんな表示が出たけど無視

文字化け…

一応動くけど文字化けしてたら困る

それで、Googleのアメリカの方からダウンロードして英語版を入れようとしてみましたが、なぜか日本語版になる…

OSと同じ言語にされるみたいです。

そんなわけで結局対処法が見つからなかったので別のディストリビューションに入れてみることに

Vine Linuxにインストール

正常に動きました。

感想とか

今回はVirtual Boxでメモリ1GBビデオメモリ8MBで起動させましたが、動作がかなり重いです。

バーチャルマシン上でGoogle Earthを起動させるにはかなり高性能なビデオカード等が必要なようです。

2008年5月17日 (土)

Wineを使ってみた

Wineと言っても

<
ではありません

Wineとは、Linux上でWindows用ソフトを動かすことのできるソフトです。
"WINE" Is Not an Emulatorのようです。

とりあえずいろいろと試してみました

今回使用したOSはFedora8です。

インストール方法

インストールは端末を開き
yum install wine
と打ち込むだけです。
で、Windows用ソフトを起動させたいときはexeファイルをダブルクリックするだけです(起動に少し時間がかかります。)

まずはTeraPadを起動させてみます。


インストーラー起動


インストール場所がC:Program Files\TeraPad\になっていますが気にしないでください(Wineが自動的に別の場所に書き込みます)


起動


ついでに画像革命2も動かしてみました

※注意

Wineでは、すべてのWindows用ソフトを動かすことができるわけではありません。
ソフトによっては動かなかったり動作が不安定になったりしてしまいます。

2008年4月20日 (日)

フロッピーだけで起動するLinux

KNOPPIX等のLinuxはCD or DVDだけで起動します。
しかし、フロッピーだけで動くLinuxもあります。
正確には、フロッピーを4枚使うのでサイズは5.62MBとなります。
CD-Rの1%以下の容量です。
何でそんなに小さい容量で動くかというと、全部コマンド操作だからです。
普通は、マウスを動かしてクリックをしてパソコンを動かしますが、コマンドは、マウスを使わずに黒い画面に白い文字を打ち込んでEnterキーを押し、パソコンからの応答が返ってきたらまた文字を打ち込むという繰り返しです。
今でも、サーバーなどではこのようにしています(マウス等を使えるようにすると、その分重くなるからです。)

ということで、Blackbird Linuxというフロッピーから起動するLinuxをバーチャルPC動かしてみました。

僕はあまりコマンドに詳しくないので、lsコマンドを使ったりしかしませんでした。

サイト内検索

kotaの製作サイト

相互リンク

  • The Royal Netcafe

    trial and error

カウンター

無料ブログはココログ