« Xlsを開くことができるソフトでOfficeとの相互性を検証 | トップページ | Windows Server 2008を入れてみた »

2008年5月 9日 (金)

Windowsの英語版をつかってみた

Windowsの英語版をつかってみたと書きましたが、若干嘘です。

正確に言うと、VistaのUltimateユーザーは好きな言語を追加できるというものです。

追加できる言語は韓国語,ロシア語,アラビア語などいらない言語(30個以上)ばかりです。

しかし、英語版もあるのでせっかくUltimate買ったんだから(Ultimate買った理由はシャドウコピーが入ってるからだったのですが…)と思い入れてみました。

英語版のコントロールパネルです。

ただ、他の言語を入れる際に注意してほしいことはなぜかハードディスクを10GB以上消費することです。(全部入れたらハードディスクがwwwww)

興味のある人がいたらやってみてください。(コントロールパネルの更新プログラムの確認から追加することができます。)

« Xlsを開くことができるソフトでOfficeとの相互性を検証 | トップページ | Windows Server 2008を入れてみた »

Windows Vista」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/434585/20844307

この記事へのトラックバック一覧です: Windowsの英語版をつかってみた:

« Xlsを開くことができるソフトでOfficeとの相互性を検証 | トップページ | Windows Server 2008を入れてみた »

サイト内検索

kotaの製作サイト

相互リンク

  • The Royal Netcafe

    trial and error

カウンター

無料ブログはココログ